自律神経のバランスとストレス

●肩こり、めまい、頭痛は自律神経失調症?

●自律神経系が乱れる原因は?

自律神経のバランスが崩れたとき、頭痛やめまい、息切れや肩こり、手足のむくみや冷え痺れ、生理不順など、いわゆる自律神経失調症といわれる様々な病気が発症します。自律神経とは血管、リンパ腺、内臓など自分の意思とは無関係に働く組織に分布する神経系のことであり、呼吸や代謝、消化、循環など自分の意思とは無関係で生命活動の維持やその調節を行い、絶えず活動している神経です。
自律神経には、交感神経副交感神経があります。
交感神経は、ストレスや緊張状態の時に優位に働く神経で、活動的な状態となるため動物性の神経に例えられます。
心臓の働きが活発になるために心拍数や呼吸数が上がったり、また筋肉に行く血液が増えるために筋力を発揮されやすい状態になります。
副交感神経は身体や心がリラックスしてるときに優位に働く神経で、休息の状態になることから植物性の神経に例えられます。
心臓の働きはゆっくりになり、心拍数や呼吸数も減ってきます。
交感神経が優位になると、筋肉に血液が供給されるのですが、副交感神経が優位な時は、胃や消化器系の血液がたくさん供給されるため、胃腸の活動は活発になります。
お腹が空いている時や眠たい時は、副交感神経が優位の状態といえます。
人間の多くの臓器は、この交感神経と副交感神経に二重に支配されていますので、どちらの神経が優位になっているかによってそれらの臓器の働きは逆になるのですが、どちらがよいということでなく、交感神経と副交感神経のバランスが大切になります。
交感神経が優位な状態が続けば、身体は休むことができなくなり、疲労困ぱいの状態になってしまいます。
副交感神経が優位な状態が続けば、精神的にはリラックスできていいかもしれませんが、頑張るときに頑張れなくなり、仕事ができなくなってしまうかもしれません。
現在の医療では、崩れた自律神経のバランスを回復するための方法として、薬物療法と心理療法が中心的に行われていますが、その治療方法は確立されているとはいえません。
整体・カイロプラクティック療法は、関節にアプローチすることにより自律神経反射に影響を与えるため、これらの症状にも良い結果が期待できます。
よく施術後に、「眠くなった」「すっきりした」「気持ち良かった」「このまま寝ときたい…」とか言われますが、これらは副交感神経の働きが活発になるために起こる状態です。
このように、整体・カイロプラクティック療法は、関節の歪みなどを整える生体力学的な影響だけでなく、神経生理学的、また心理学的にも影響を与えます。
背骨と自律神経、関連臓器の関係を下図を参考にご覧下さい。

ストレッチ教室のご案内